無駄遣いをなくすコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無駄遣いをなくすコツ。すごく当たり前な方法だけど、今月実践してみて効果があった方法。それは「毎日、必ず小遣い帳アプリに前日使った支出を記録する」ということだ。

ポイントは「毎日、前日のものを記録する」という点。
そのためにはいろんなところで必ずレシートをもらってきちんと財布に入れておく。
翌日に財布からレシートを取り出し、小遣い帳に記入する。交通費も翌日路線検索で調べて記入する。

小遣い帳アプリは、スマホでレシートを撮影したら自動的に帳簿をつけるような便利なタイプではなく、手動で自分で記入していくタイプをオススメする。ちなみ僕の場合はgoogleフォーム&スプレッドシートで小遣い帳をつけている。

大切なのはこの作業を日々の習慣、できれば毎日の仕事の1つめに実行するタスクに組み込むことである。

この作業がなぜ無駄遣いをなくすのか?
この作業、お金を使うほど記録する量が増えるので、面倒くさいのである。
だから、翌日の家計簿をつける作業を考えて、できるだけ無駄なお金を使うのをやめようとする心理が働く。

100円前後の買い物をコンビニでしようと思った時、「明日、この金額も家計簿に入力しなきゃいけないのかぁ」なんて想像すると、面倒くさくて買う気をなくすのである。

翌朝、財布の中に入っているレシートが少ないと少し嬉しくなる。

するとコンビニで無駄なおやつを買ったり、自販機でジュースを買ったりすることも減ってくる。
昼や夜に無駄に外食をするのも控えるようになる。

すると、コストと合わせて体重も減ってきて一石二鳥にもなる。
間食や外食というのはコストもかかるけど、そもそも高カロリーなのである。

レコーディングダイエットという手法があるけど、できるだけ家計簿も毎日つけると無駄遣いが減っていくという作戦、地味だけどボディーブローにように効いてくる。

あとはその数字が積み上がってくると、どれくらい無駄遣いが減ってきたかという実績も見えてくるので、さらにモチベーションがキープし続けられる。

まず最初に「無駄遣いをなくそう」という気持ちを持つことが大切なのだけど、そのための何らかの行動を毎日の習慣に定着させていくワザを覚えると、自分をそうありたい方向に向かわせてくれるものなのである。

何でも「習慣にする」というのが弱者の最強の戦略なのである。(最後は大きくまとめてみる)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。