新規事業の作り方

新規事業の作り方についてのヒントや経験をメモにしていきたいと思います。

ロジックというのは便利だけど万能ではない、という話

ロジックというのは便利だけど、万能ではない。という話を書いてみたいと思う。

ロジックというのは、あらかじめ決められたルールの中で、物事を単純化することによって、問題をわかりやすくさせたり、関係者間で合意形成しやすくさせたりするために使われる「手法」である。

続きを読む

新規事業のアイデアは「マイナス」を見つけること

藤野英人さんの「おいしいニッポン 投資のプロが読む2040年のビジネス」という本を読んだ。

悲観論が山積している現在の日本に対して、20年後、2040年というロングスパンで見た場合、すでに新しいビジネス機会(おいしいニッポン)の芽が育ち始めているのではないか?ということを、著者自身が投資されているベンチャー企業等を例に紹介されている本である。

続きを読む

良い戦略、悪い戦略

良い戦略、悪い戦略」という本を読んだ。

今まで様々な戦略の本を読んできて、抽象度の高い「戦略」という言葉に、言わんとしていることはわかるけど、具体的には何よ、みたいなところが解決されないまま終わるという経験が個人的には多かった。

続きを読む

新規事業に役立つフレームワークと実際の使い方

新規事業の企画や実行に役立つと言われるフレームワークは世の中に数多くある。

でも、それらのフレームワークはどこか頭でっかちで、実際にどう使っていけばいいのか、ピンと来ていない新規事業企画の担当者も多いのではないだろうか?

続きを読む

SWOT分析というプロレス

新規事業企画の仕事の中でよくやる作業に「SWOT分析」というのがある。

強み 、弱み 、機会 、脅威 の4つのカテゴリーで外部環境と内部環境の要因分析をおこない、なぜ、その新規事業企画に取り組む必要があるのか、前段の導入部の説得ロジックとして使い回されることが多いフレームワークである。

続きを読む

イノベーションが必要な理由

「企業の目的は顧客創造である以上、企業の基本的な機能はマーケティングとイノベーションの2つしかなく、そのほかはすべてコストだ」というドラッカーの言葉がある。
続きを読む

新規事業を成功させる肝

長い間、新規事業企画の業務に携わって、いろんなプロジェクトのマネージメントをしてきた。
少しはうまくいったものもありながら、大概は失敗した。
いろんな人の話を聞きにいったり、多くのマーケティングや企画やらの本を読んで勉強してきたが、なかなかうまくいかなかった。
最近、わかってきたことがある。
それは「大概の企画は間違っている」ということだ。
99%以上、実際にはそうならない。
続きを読む