Don’t think. feel戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「理にかなった戦略はもはや戦略ではない」
僕はこの言葉が好きだ。ちなみにそれは今、僕が適当に作った言葉だ。

 理にかなった時点でだれもが取り得る選択肢になってしまうのだから、そんなものは弱者が勝つための本来の戦略にはなり得ない。
これから世界が向かう方向の確認でしかない。

一方、一番最高の戦略は「なんでそんなことやっているのかわからない」戦略だと僕は思っている。
僕は、それを「戦略的非合理」と呼んでいる。これも今そういうことにした言葉だ。

例えば、「(儲かるかどうかは置いといて)これって面白くないですか?」みたいな話がそれだったりする。
そしてそれは大概、何が面白いかわからない話が多い。
そこをコアにして、もし事業モデルが作れたら、これほど強い競争力はないのだろう。

っていうか、そもそも誰かに勝つためにそんな行動をとっている訳ではない。
大体がライバルどころか、理解者すらいないフィールドなのだから。
面白そうだとか、やってみたいとか、何か運命を感じたとか、そんな理屈抜きの純粋な想いだけがあるのだと思う。

そして、それを続けるためにお金が必要だから、工面をしていたらそれがビジネスモデルになった。

それを後世の人が、理屈が合う話にまとめてくれるのだ。戦略論として。

僕が最高の戦略論ではないかと思っている言葉がある。

“Don’t think. feel!”

ブルースリーが映画で言った言葉だ。
いろいろ考えたって仕方がない。自分の内なる声を聞くのだ。

いろいろな戦略論はあると思うけど、これが僕にとっての最高の戦略。
挑戦する時にいろいろ考えすぎたり、失敗を恐れて事前に勉強ばかりやって何も踏み出さないって、良くないと思うんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。