教えない教え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ちょっと前に、NHKの「ファミリーヒストリー」に俳優の中村梅雀さんが出演されていて、役者の家系であるご自身の家に代々伝わる「教えない教え」という考えを紹介されていた。
「教えない教え」というのは、「本人がいかに自覚するか、体得するか、役者としてはそれが一番大事だ」という考えのもと、親から子へ、演技についてダメ出しはするけど、どこを直せばいいのか具体的な指摘は代々しない教え方なのだとか。

直接教えられるものは、一般的な知識であったり、表層的な事象の説明に過ぎない。
本当に目指したいゴールであったり、物事の本質的な会得は、自分の力でしか実現させることができず、それには、主体者として自覚を持った上で試行錯誤をしていくしか方法がないのだろう。
日本の茶道や武道における修行のプロセスで「守破離」という言葉がある。
まず、先生の言った通りの型をマスターする「守」
次に、マスターした型をベースにより自分にあった型を模索し始める「破」
最後に、さらなる鍛錬を重ねることによって、型に囚われなくなる「離」
「守」というのは半人前、「破」というのが自立へのスタートライン、「離」というのが目指すべきゴールというイメージ。
そのプロセスの中で「教えない教え」というのは、教え子に対して「早く、今までの殻を破って、自分なりの新しい境地を開拓しなさい」と促している、最後のステップなのかもしれない。
一方、現代は、いろんなものが何かにつけ事細かに説明されている世界である。
ネット上には「これさえ分かればOK」的なノウハウや情報、言うなれば「優しい型」が蔓延している。
無意識のうちに、何かの「優しい型」にはまってしまっている自分に気づく時もある。
自分は今、ゴールから見た時にどんなステージにいるのだろうか?
誰かが作った型や、気づかないうちに過去の自分が作り上げた型をなぞっているだけじゃ、まだまだ半人前、道半ばである。
そんな型に囚われずに、自分が本当に目指すべき姿を実現させるためには、定期的に「型破り」を今の自分に仕掛けないといけないなぁ、と思う今日この頃なのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。