僕はずっと新規サービス企画や事業企画という領域で仕事をしてきた。
そして、新規の事業領域への参入する場合、その領域に明るいベンチャーや個人のプレイヤーと協業関係を作って参入することが多かった。
続きを読む