2月活動報告)腰痛がとりあえず完治

  • LINEで送る

2024年の2月は、先月に引き続きいろんな方とお会いし、おかげさまでいろんな商談の機会をいただいた1ヶ月だった。

新規のプロジェクトもいくつかスタートし、来年度に向けた仕込みとしてWebマーケティングの新しい取り組みがぼちぼち始まっている兆し。そんな2月を振り返ってみようと思う。

2月にいただいた新規のご相談

2月も様々な新規商談の機会をいただけた。以下、一部ご紹介。

補助金申請代行会社のコンテンツマーケティング支援

補助金申請代行をされている会社様から、新規リード獲得のためのコンテンツマーケティングの企画、運営のご相談。補助金っていろんな種類が、毎年微妙に制度変更されていくので、とても複雑な世界だと痛感。

大手医療系メディアのタイアップ記事広告の制作ディレクター人材のご相談

タイアップ広告の記事制作の進行・管理をまわせるディレクター人材のご相談。以前からライティングのご支援はさせていただいていたが、今回はディレクション部分のリソースからということで、追加のご相談。

イベントプロデュース会社のコンテンツマーケティング支援

昨年お手伝いさせていただいたイベントプロデュース会社様のコンテンツマーケティング支援を今年も支援することに。以前のお客様からご評価いただき、再度お声がけいただけるのはとても嬉しい。

などなど。。。

ひとつひとつのご縁に感謝しつつ、誠実、丁寧に対応していきたい。

自社のコンテンツ発信の改善計画

自社で発信している様々なコンテンツ発信について、今後の改善計画を立てる。

ホームページ上の各種コンテンツとウェビナーコンテンツについて、今後、それぞれをどう改善していくか、ざっくりとした改善方針と優先順位付け、スケジュールを立てる。

とにかくコンテンツマーケティングで大切なのは、検証・改善仮説・実行のループをしっかり回すことと、継続していくこと。

今年で8年目になるオウンドメディアもおかげでメディアパワーが地道に上がってきている。継続は力なりである。

腰痛がとりあえず完治

術後3ヶ月である2月末に腰痛の手術をした病院でMRIの経過観察をおこなった。結果、問題なし。

先生からは、普段通りの生活を行なって問題ないとのコメントをもらいつつ、腹横筋を鍛えたほうがいいとアドバイスをもらう。

腹横筋?

腰のまわりを支える筋肉らしく、最近、腰痛持ち界隈で注目されている?筋肉らしい。

腹横筋を鍛えるYouTube動画も教えてもらう。しっかり鍛えていこう。

子供のおもちゃをブックオフに売却

今年の春に下の子が中学生になるので、これを期に子どものおもちゃをブックオフに売りに行く。

(男の子なので)ミニ四駆のサーキットセット、トレーディングカード、ミニカー、プラレールなどなど、段ボール2〜3箱にもなるおもちゃたち。

子どもと一緒にそれらを車に積んで、ブックオフに持っていく。なんかトイ・ストーリーの1シーンみたいだな、と思って少ししみじみとした。

ブックオフで査定の結果、全部で530円だった。

「安っ」と子供がつぶやく。お前が言うな、と心の中で僕がつぶやく。

「あの◯◯とか△△とか、買った時、すごく高かったのにね」帰りの車の中でさらに子供が言う。だから、お前が言うな、と。

さっきまでトイ・ストーリーの1シーンを重ねて、しみじみしてたのに、なぜか悔しい気持ちになる。人間って現金な生き物なのである。

今月の感想:最後は人となり

先月の感想に書いた「最強の差別化って、人柄なんじゃないかな」という話の続編。

仕事って、どんな人と出会えるか「縁」で大きく左右されるもんだなぁ、と最近痛切に感じる。

コンテンツマーケティングは、あくまで僕たちの存在を見つけてもらって、興味・関心を持ってもらうきっかけ作りであって、僕たちのビジネスの場合、最後のコンバージョンは、実際お会いした時の人対人の相性で決まる。

コンテンツマーケティングで、いい言葉を使って、ターゲットユーザーの関心や信頼を獲得する情報発信を行うことができたとしても、実際、僕たちの人となりを見て、顧客はサービスを受けるかどうか判断する。「なんか違うな」と思われたら終わりである。

あくまで誠実に、前向きに、同じ視点に立って、顧客の抱えている課題に取り組む。

自社の情報発信だけでなく、そんな初心を忘れず、自分自身の人間性もきちんと磨き続けないとなぁ、と思う今日このごろなのである。

ということで、3月もこの調子をキープして頑張るぞ。

  • LINEで送る

御社のWeb集客を週1日稼働からご支援します

ディレクターバンク(株)のWeb集客支援は、Webマーケティング経験豊富なディレクターが、Web集客の企画から運用までワンストップで代行します。

300名超のWebのプロ人材の中から、御社の課題に合わせた人材をアサインします。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。